My Yahoo!に追加

2006年04月24日

ディ・ディ・ブリッジウォーター/Afro Blue

女性ジャズ・ヴォーカリストの中でも、Dee Dee Bridgewater(ディ・ディ・ブリッジウォーター)はブルージーで太い声がとても好きです。
1950年5月27日メンフィス生まれのディ・ディ・ブリッジウォーターが東京で録音した初リーダーアルバムがこちら。

Dee Dee Bridgewater『Afro Blue』1974年

アフロ・ブルー(紙ジャケット仕様)
アフロ・ブルー(紙ジャケット仕様)


1. Afro Blue
2. Love Vibrations
3. Everyday I Have the Blues/Stormy Monday Blues
4. Little B's Poem
5. Raindrops Keep Falling on My Head
6. Love from the Sun
7. People Make the World Go Around

パーソネル:
Dee Dee Bridgewater(ヴォーカル)
Cecil Bridgewater(トランペット)
Ron Bridgewater(テナーサックス)
Roland Hanna(ピアノ)
George Mraz(ベース)
日野元彦(ドラムス)

ディ・ディ・ブリッジウォーターは、当時サド・ジョーンズ&メル・ルイス楽団に所属していました。そして1974年にサド・ジョーンズ&メル・ルイス楽団の一員として来日しています。そのときに当時の夫のCecil Bridgewater(トランペット)、義理の兄のRon Bridgewater(テナーサックス)らと吹き込んだのがこの『Afro Blue』です。

いろいろな名曲のカヴァーが中心ですが、どの曲もしっかりとジャズしています。

おすすめは
1. Afro Blue
4. Little B's Poem
5. Raindrops Keep Falling on My Head (雨にぬれても)


とくに1曲目「Afro Blue」はすばらしいできです。

5曲目「Raindrops Keep Falling on My Head 」はかなり大胆なアレンジになっており、スローなジャズナンバーに仕上がっています。
雨降りにスキップしたくなるようなポップな原曲も好きですが、このディ・ディ・ブリッジウォーターのスローなアレンジもいい。
雨降りの夜中に、ゆったりとドライブしたくなるような曲。
静かに降り注ぐ雨がもやもやとした汚れを洗い流してくれる、そんな雰囲気です。
この記事へのコメント
こんばんは。
私もDeeDee大好きです。これ名盤ですよねー。
最近のフランスへのオマージュ作もいいですよ :D
Posted by JM at 2006年04月25日 01:18
JMさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

DeeDeeの最近の(昨年でしたか?)あのアルバムですね。ついつい買いそびれてしまっているので、今度チェックしますね。教えていただき、ありがとうございます。
Posted by taro at 2006年04月25日 22:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。