My Yahoo!に追加

2006年03月30日

クインシー・ジョーンズ/ Body Heat

これまでビッグ・バンド・ジャズをやってきたクインシー・ジョーンズが、1974年のこのアルバムではヴォーカルとリズムセクションを重視した、クインシー流メロウ・グルーヴな作品となっています。

Quincy Jones 『Body Heat』 1974年 A&M
Body Heat
Body Heat

(↑試聴できます)


1.Body Heat
2.Soul Saga (Song of the Buffalo Soldier)
3.Everything Must Change
4.Boogie Joe, the Grinder
5.One Track Mind
6.Just a Man
7.Along Came Betty
8.If I Ever Lose This Heaven
9.Everything Must Change (Reprise)


この『Body Heat』は、リオン・ウエアの色がかなり濃く出ているように感じます。リオン・ウエアの哀愁溢れるメロウなヴォーカル、そしてなんとも言えない大人の色気を感じさせる楽曲たち。

1曲目の「Body Heat」のイントロからメロウです。リオン・ウエアのヴォーカルにDavid T.Walkerのギターがはまっています。

このアルバムでは一番のおすすめは、リオン・ウエア作の
「If I Ever Lose This Heaven」

です。

「If I Ever Lose This Heaven」は色々な人がカヴァーしている名曲ですが、素晴らしいできばえです。クインシーさんすごすぎ!


↓こちらもおすすめ
Musical Massage
Musical Massage

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


クインシー・ジョーンズ
Excerpt: クインシー・ジョーンズ
Weblog: アイドル芸能Shop
Tracked: 2006-04-20 15:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。