2006年04月24日

ディ・ディ・ブリッジウォーター/Afro Blue

女性ジャズ・ヴォーカリストの中でも、Dee Dee Bridgewater(ディ・ディ・ブリッジウォーター)はブルージーで太い声がとても好きです。
1950年5月27日メンフィス生まれのディ・ディ・ブリッジウォーターが東京で録音した初リーダーアルバムがこちら。

Dee Dee Bridgewater『Afro Blue』1974年

アフロ・ブルー(紙ジャケット仕様)
アフロ・ブルー(紙ジャケット仕様)


続きを読む

2006年04月20日

カル・ジェイダー/Last Bolero In Berkley

ヴィブラフォンのクールで硬質な音色は、不思議な気持ちよさがあります。
小綺麗な雰囲気が漂うというか、消臭効果さえあるような清潔感や洗練された感じです。

以前も別のアルバムでこのブログに書きましたが、眼鏡がトレードマーク(?)なヴィブラフォン奏者、カル・ジェイダーの非常にバラエティーにとんだ作品がこちら!

Cal Tjader『Last Bolero In Berkley』1973年

ラスト・ボレロ・イン・バークレー
ラスト・ボレロ・イン・バークレー



続きを読む

2006年04月18日

ドナルド・バード / Black Byrd

今日の東京はあたたかくて、気持ちよかった。いや、ちょっと歩くと汗ばむほどの陽気でした。数日前の寒さが信じられないくらいです。

さて、今日は以前このブログにも書きました「Street Lady」よりも前の作品、 スカイ・ハイ・プロダクション、ミゼル兄弟とのコラボレーションの記念すべき第1作目であり、ドナルド・バード+ミゼル兄弟のジャズ・ファンクアルバムです↓

Donald Byrd『Black Byrd』1972年
Black Byrd
Black Byrd

(↑試聴できます)

続きを読む

2006年04月16日

カーティス・メイフィールド/LIVE!

70年代ソウルには素晴らしいライブ盤がいくつかあります。
以前このブログに書いたDONNY HATHAWAY 『LIVE』もその代表格。
そしてこのCurtis Mayfieldの『LIVE!』もいい!!

Curtis Mayfield 『LIVE!』 1971年
Curtis/Live!
Curtis/Live!

(↑試聴できます)

続きを読む
posted by taro at 18:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 70年代音楽:R&B/ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

ジル・スコット/Experience: Jill Scott 826+

前回のこのブログにも書きましたが、今回もジル・スコットについてです。
今回はジル・スコットのライブ盤。このライブ盤がすばらしいのです。

Jill Scot『Experience: Jill Scott 826+』2001年
Experience: Jill Scott 826+
Experience: Jill Scott 826+

(↑試聴できます)


続きを読む
posted by taro at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代音楽:R&B/ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

ジル・スコット/ Beautifully Human

フィラデルフィア出身の女性シンガー、ジル・スコットが「Who is Jill Scott」でデビューしたのが2000年のこと。
その後リリースした、ライブアルバム「Experience: Jill Scott 826 +」を除いたセカンドアルバムが、こちらの「Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2」です。

Jill Scott 『Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2』2004年
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2

(↑試聴できます)

続きを読む
posted by taro at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代音楽:R&B/ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
My Yahoo!に追加
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。